漢方が妊婦さんの効果抜群な便秘解消に貢献

便秘とは3日以上排便が無い状態のことを指します。
毎日に排便がなければいけないと思いがちですが、そうではありません。
それでも便秘に悩む人は、日々増加してします。

特に深刻なものに悩んでしまうのが妊婦さんです。
今までこれらにならなかった人でも、子宮が大きくなることで腸が圧迫されたり、ホルモンバランスの崩れから腸の動きが鈍くなることがあります。
これによって便秘になってしまい、ひどい場合は痔になってしまう人も多いです。

妊婦さんの場合、普通の人との大きな違いは、市販の薬を飲むことができません。
ひどい便秘になった場合に、まっ先に便秘解消法として活用するのが下剤や便秘薬です。
これらの薬は、母体が摂取することで胎児に万が一影響がある可能性が否定できません。
そのため、抗生物質などを避けて摂取しなくてはいけません。

そこで妊婦さんの便秘解消のために処方されているのが、漢方薬です。
漢方薬は自然の生薬を混ぜ合わせて作られています。
妊婦さんに対しても、妊娠前から便秘だったのか、妊娠後に便秘になったのかによって処方される漢方が異なります。

妊娠前から下剤を使用していた場合、麻子仁丸、潤腸湯、桂枝加芍薬大黄湯などが処方されます。
また今まで下剤を使ったことがない妊婦さんには、当帰建中問湯や桂枝加芍薬湯が処方されます。
妊婦さんの中には漢方だから安心だと思っている人が多いですが、薬の一種なので服用には十分注意が必要です。
例えば、大黄が含まれているものを過剰に摂取すると早産などの危険性があります。

漢方だから大丈夫という安易な考え方を持たないようにしましょう
胎児に影響が出る漢方もあるということも理解して、正しく漢方を取り入れていきましょう。
摂取する際には医師や薬剤師の説明をしっかり聞き、摂取時間や摂取方法、摂取量をしっかり守りましょう。

できれば漢方も飲まなくてもいいように、毎日の食事で食物繊維が豊富に含まれているものを積極的に取りましょう。
そして食事以外でも十分な睡眠やストレスをため込まないなど、便秘の原因を解消していきましょう。