子供にも最適な便秘解消方法

便秘になるのは大人だけと思いがちですが、最近では赤ちゃんから子供までこれに悩む人が増えています。
小さな子供がいたそうにウンチをする姿は、見ている方がつらく感じることもあります。
薬を飲むほどひどくなる前に、便秘解消方を実践しましょう。

赤ちゃんが便秘をしている場合、お腹の膨らみがひどくなります。
ミルクや離乳食を嘔吐してしまう場合もあります。
そこで赤ちゃんに対する便秘解消法は、綿棒を使って肛門を刺激するという方法です。
綿棒を肛門に入れて肛門を広げるようにぐるぐる綿棒を回していきます。
すると刺激されたことがきっかけで、しばらくすると自然と排便が促されます。

もう一つの方法は赤ちゃんから大人までができる効果的な便秘解消法です、。
それは、おへそを中心にしてひらがなの「の」の字を書くようにマッサージすることです。
腸がマッサージされてぜん動運動が促進してその解消につながります。
のの字にマッサージするのは腸の形に似ているため、効果的だとされています。
大人はある程度強く押しても構いませんが、子供に対して行うときには強くなり過ぎないように気をつけましょう。

その他の便秘解消法としては、食生活の見直しです。
便秘には食物繊維を多くとらなくてはいけないことは多くの人が認識しています。
食物繊維の中でも水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類をバランスよく摂取しなくてはいけません。

水溶性食物繊維には、果物やジャガイモなどのいも類、キャベツや大根があげられます。
不溶性食物繊維はゴボウや穀物、豆類が当てはまります。
不溶性食物繊維を摂取するときには水分を一緒に摂取しなければいけません。
腸で詰まりやすいという特徴があるため、逆に便秘になってしまいます。

さらに腸の働きを活発にさせるために、善玉菌を多く含む乳酸菌を摂取することも効果的です。
ヨーグルトや納豆などの発酵食品、子供用の乳酸菌サプリメントなどもあります。
善玉菌を摂取することで腸の機能を向上させ、便秘解消につながります。
なるべく食生活とマッサージを取り入れて、薬などに頼らない便秘解消をしましょう。