メンタル面の詳細と便秘解消

現代人の多くは毎日何かしらのストレスを抱えています。
人間関係や仕事の悩み、子育ての悩みなど悩みは尽きることなく常に抱えながら生きています。
人によってはストレスで病気を発症してしまったり、自ら命を落としてしまう人もいるほど大きな問題点です。

ストレスは精神的な問題で体の機能とは別と思いがちです。
しかしストレスが強くかかってしまうと、知らないうちに体に何かしらの悪影響を与えてしまう場合があります。
症状は人それぞれですが、身近な体の悩みの一つで便秘がストレスと関係があることが分かっています。

よく旅行先で環境が変わってストレスを感じると、下痢をしたり便秘をしてしまう人がいます。
これは精神的なストレスによって腸の機能が低下してしまったことで起きているといえます。

それではなぜメンタル面が不安定になると、便秘がおきてしまうのでしょうか。
そのメカニズムを知ることで、便秘解消のための対策を得ることができます。

精神的にストレスを抱えてしまっていると、一番影響を受けるのが自律神経です。
自律神経は交感神経と副交感神経の二つの神経のバランスが保たれることで健康的な体を維持することができます。
排便で重要なぜん動運動の指令を出すのが自律神経の役割になっています。
なので自律神経が乱れてしまうと、ぜん動運動が鈍くなってしまい便秘を引き起こしてしまいます

またストレスをため込んでしまうと、暴飲暴食などに走ってしまう人もいます。
なのでより食生活が乱れやすく便秘につながりやすい要因といえます。
精神的な問題点と便秘の関係性があることから、上手にストレスを回避したり発散できる環境を作る必要があります。

ストレスをため込まないうちに、早い段階で発散するように心がけましょう。
そうすることで腸への負担も軽減でき未然に便秘解消することができます。
普段便秘をしない人は、ストレスが原因で起きている便秘かもしれません。
知らないうちに違う体の場所から危険サインが送られていると考えて、安易にとらえないようにしましょう。