妊婦さんに快適な便秘解消方法

便秘の経験がある人を性別で比較すると、圧倒的に女性の方が多いのが特徴です。
それは女性の方が腹筋が弱いため、お腹に圧力をかけて排便を促しにくいからです。
女性の中でも、最も腹筋が弱まっているときが妊娠中です。

今まで便秘にならなかった人でも、妊娠中はこれに苦しむ人が多いほどです。
妊娠中にこれになる理由はいくつかあります。
そのうちの一つが妊娠による女性ホルモンの影響です。
女性ホルモンのバランスが乱れることで、消化機能が低下したりぜん動運動の低下によるものがあげられます。
また排便に必要な水分が、胎児に優先して送られるため、便が硬くなって便秘になってしまいます。

また妊娠の経過と共に、子宮がどんどん大きくなり直腸を圧迫してしまいます。
圧迫された腸はスムーズな動きがとりにくくなり便秘になってしまいます。
妊娠中だからこそおきる独特の体の変化によって、今まで便秘じゃなかった人も便秘になる確率が高くなります。

妊娠中はどうしても激しい運動や食生活の規制がしにくく、限られた条件で便秘解消を行わなければいけません。
これは普段運動が苦手な人や食生活の改善が難しい人にとって、無理なく取り入れることができる便秘解消法なのではないでしょうか。

一番の改善法は食生活の改善です。
サツマイモやれんこん、ごぼうといった食物繊維が豊富なものを積極的に摂取するようにしましょう
野菜が苦手な人や普段料理をしない人には、バナナやリンゴなど食物繊維が多い果物を取り入れるようにしましょう。
また水分をたくさん取ることで、便を軟らかくする効果があり、排便を促しやすいといえます。

食生活以外では、軽い運動をするのが効果的です。
妊娠中は激しい運動は子宮が収縮しやすいため行うことができません。
なので自分のペースでゆっくりと歩いたり、エスカレーターやエレベーターではなく階段を使うなど体を自然と動かすようにしましょう。
妊婦さんの便秘解消法は無理なく行えることが多いため、日々の生活に取り入れて便秘解消していきましょう。