市販便秘薬調達で便秘解消

重度の便秘解消のためには、早く排便できる方法を見つけなければいけません。
そこで 多くの人がまず考えるのが便秘薬ではないでしょうか。
そこで病院に受診するのは、よほど耐えられない痛みを伴うか血便などの異常な症状を発見した時です。
それ以外は、ドラッグストアーやスーパーなどで販売されている市販薬を試す人が多いです。

人によってはその薬を使用することに対して抵抗を感じる人もいるでしょう。
ただし重症化しているときは、何より早く排便を促すことが重要です。
しかも細菌の便秘薬は種類も豊富で、使用されている成分にも大きな違いがあります。
なので上手に薬を選んで使用することで、薬に依存してしまうリスクも低くなります。

上手にこれらの薬を活用するためには、便秘薬について知識を持って選ぶようにしましょう。
さらにこれらに関してもすべての人が同じものとは限りません。
便秘には大きく分けて、3つに分類されます。
水分が少なくて硬い排便になる弛緩性便秘、排便を我慢してしまう人は直腸性便秘、ストレスで腸の機能が低下している人は痙攣性便秘といわれています。
それぞれ症状や原因が異なるため、自分に合った便秘薬を選ばなければいけません。

弛緩性の人には、便の量や水分を増やすことで排出しやすくする膨張性下剤がお勧めです。
また効果がでるまでに6時間ほどかかりますが、腸に刺激を与えることで排便させる大腸刺激性下剤も効果的です。

直腸性の場合は、座薬の使用がお勧めです。
最も即効性が高くなっていますが、使用してから10分ほどは我慢をして薬の効果を排出しないようにしなくてはいけません。

最後に痙攣性の人には、マグネシウムを含んだ塩類下座がお勧めです。
マグネシウムが腸に水分を集めることで便が柔らかくなり排便しやすくなります。

その薬も症状によって特徴も異なり、お腹の痛みを感じにくいものもあります。
早く排出したいからと間違ったものを選んでしまうと、腸に負担がかかってしまう可能性が高いです。
用法用量を守って、便秘解消したいときだけに使用するようにしましょう。