善玉菌について

赤ちゃんから老人まで、便秘で悩む人がとても増えていると感じます。
それぞれの年齢ならではの理由もありますが、便秘に一番関係性が高いのが食事です。

毎日摂取した食事は必要な消化しやすいようにそれぞれの内臓で分解されて腸に送り込まれます。
腸で必要な栄養素が吸収されて、最終的に不必要とされた老廃物が便となって排出されます。
腸が活発に働くことで吸収率が高まり、体に必要な栄養素をしっかり吸収することができます。
しかし、その反対に腸の環境が悪くなってしまうと、腸の機能が低下して必要な栄養素が吸収できなくなってしまいます。
腸の機能が低下は、ぜん動運動も低下することにつながり、便秘になってしまいます。

腸内環境によって私たちの体が健康かどうかが決まるといっても過言ではありません。
その腸内環境を左右するのが、善玉菌と悪玉菌の割合です。

腸の細菌は善玉菌と悪玉菌に分かれます。
善玉菌は腸内環境をよくする働きがりますが、悪玉菌が増加すると腸の機能が低下してしまいます。
腸の機能の低下が便秘を生み出し、悪玉菌が増殖して腸内環境を悪くしてしまいます。

悪玉菌の増加は有害物質を発生させて、有害物質を腸が吸収することで体中に送り込まれてしまいます。
それが肌荒れや、アレルギー症状、発がん性物質となりがんになる可能性もあります。

このような悪影響を与える悪玉菌を抑制するためには善玉菌を増やすことが大事です。
善玉菌の代表的なものとして知られているのが乳製品です。
今発売されているヨーグルトには、ガセリ菌やR-1乳酸菌など様々な乳酸菌を摂取できるように開発されています。
その他にも納豆やキムチなどは高食品にも善玉菌が豊富に含まれています。

善玉菌を積極的に取り入れると、腸に発生する悪玉菌の増殖を抑制する働きがあります。
また腸の働きを活発にする働きがあるため、腸の機能が向上します。
排便を促すぜん動運動にも効果的なため、便秘解消との関係性が強いです。
便秘解消にはヨーグルトを食べるといいという習慣は、善玉菌を増加させ排便を促す効果があるからだといえます。